マンションのフロアコーティングをする方法

フローリングの美観を守る

作業員

近年の日本家庭では洋風建築が多く、フローリングを廊下やリビングに採用している住宅が多いです。木材で作られているので、水や傷に弱く何らかの保護が必要になります。保護という観点ではワックスをかける人もいますが、様々な機能性を付与してくれるフロアコーティングがお勧めです。

詳しく見る

傷が意外に目立つとき

インテリア

自宅にお客さんを呼ぶ際、意外に気になるのが床の傷です。見た目も悪いですし、部屋全体の印象も悪くなるため、前もってフロアコーティングを施しておきましょう。そうすれば急な来客に慌てることも床の傷を気にすることもなくなります。

詳しく見る

確実に施工してもらうのに

床

フロアコーティングを施工してもらう業者は、安くて確実な施工をしてもらうところですが、保証期間はしっかり存続する業者を選ぶべきです。ホームページでは創業年や資本金を調べるようにして、会社としての信用を見るようにしてください。

詳しく見る

床の素材に合うものを

女性

マンションでは、床を湿気から守るためのフロアコーティングに需要があります。床の質が保たれやすくなるため、フロアコーティングは資産価値の維持にも効果的と言えます。ただし床の素材に合う塗料を使うことが大事です。柔らかい床にはウレタン系やシリコン系塗料が、大理石などの硬い床にはガラス系塗料が適しています。

詳しく見る

良い業者の探し方

室内

フロアコーティングの施工をする場合、重要なのは業者選びです。まずは価格に振り回されすぎないように気を付け、複数の業者の施工相場やサービス内容をよく比較してみましょう。また、業者といっても専門に施工を行っていない場合もあります。専門業者で、実績がある、信頼のおける業者選びがおすすめです。

詳しく見る

床を傷や汚れから守る

床

実に多くの種類がフロアコーティングにはあります。UVは特に耐久性が優れており、加えて耐熱性なども高くなっています。シリコンは耐薬品性や撥水性が高く、床が滑りにくくなるので、子どものいる家庭に向いています。ガラスは最も硬度が高く、傷が付きにくいのが特徴です。

詳しく見る

いくつかのタイプがある

作業員

フロアコーティングは、床が傷つかないように保護する目的や、美しさを保つ目的などで行うものです。フロアコーティングには、UVやウレタンなどいくつかの種類があり、それぞれで効果や掛かる費用は異なります。UVタイプが一番品質と費用が高く、ウレタンタイプが一番コストが掛からず行えます。

詳しく見る

快適な床にする

床

フロアコーティングについて紹介します。フロアコーティングは、リフォームに一つで、床の表面を綺麗にすることができます。長く快適に暮らすために、コーティングを行なう人が多くいます。

詳しく見る

コーティングの種類

部屋

フロアコーティングは、種類があり、マンションがフローリングの場合、効果的なコーティングをすることが出来ます。コーティングによって、性能が異なるので、よく確認して目的と照らしあわせて決めることが大切です。

詳しく見る

バリエーション

メンズ

フローリングは今や日本の住宅にとっても欠かせませんが、最近は様々な素材のバリエーションが登場しています。素材によって使いやすさや印象が異なるため、慎重に素材を選びましょう。

詳しく見る

部屋の印象

床

フローリングの色によっては部屋の印象がガラッと変わります。最近は濃い目のブラウンがオシャレと人気です。また、北欧風のインテリアにはホワイトのフローリングもマッチするでしょう。

詳しく見る

床を保護してくれる

床

ポイントを押さえる

マンションのフローリングにフロアコーティングを施すことによって、フローリングを傷から守るなどさまざまなメリットが期待できます。ただ、フロアコーティングにもさまざまな種類があることから、どういった理由でフロアコーティングをしたいかをよく考えることが大事なことと言えます。また、フロアコーティングをするタイミングもポイントとなります。コーティングすることによって、フローリングをきれいな状態で保つことを考えると、新築マンションであれば購入したときに依頼するのがベストです。特にキッチンや水回りは汚れやすく、フローリングが痛みやすい場所でもあるので、新築で入居する前に施工しておくといいと言えます。また、中古マンションを購入してフロアコーティングをすることを考えるならば、購入したマンションの部屋にフロアコーティングが施されていないかを確認しておく必要があります。新たに施工するならば、以前のコーティングを剥がす必要があります。そのため、経費が予測以上に高くなる可能性があります。マンションのフローリングにおいてはシートフローリングが導入されていることも多く、ワックスをかける必要がないというメリットがありますが、日頃の手入れが大事となります。しかしながら、シートフローリング専用のフロアコーティングを施すことによって、床を保護してくれます。つまり、シートフローリングであってもフロアコーティングをすることが可能と言うことです。